女の子

インビザライン治療で歯並び綺麗|虫歯になりにくい歯を作る

歯の見た目に関する治療

歯医者

歯の見た目は良くできる

歯の最重要な役割は食べ物を噛み砕くことですので、歯に最も求められることは、食べ物を噛み砕く能力です。ただ、歯は顔の一部ですから、当然、人目に触れる機会が多いので、歯の状態次第で人の印象が大きく違うことになる可能性があります。歯が綺麗だと、それだけで健康や清潔といった良いイメージを与えるものです。しかし、歯並びが悪かったり、くすんだ色の歯をしていると実情は全く違っていたとしても、不健康や不潔といったイメージを与えてしまいがちです。歯の見た目が悪いだけで悪いイメージを持たれてしまうということは、あまりにも悲しいことです。但し、歯の見た目は幸いなことに治療を受ければ良くすることができますから、歯の見た目で損をしているのであれば、治療を受けることが賢い選択です。

トータルな治療

歯の見た目の改善は、審美歯科という診療科で行っています。例えば、歯を白くしたいのであれば、審美歯科でホワイトニングという治療を受ければ実現します。また、審美歯科では歯並びの改善も行っています。矯正歯科と同じ治療法で歯並びを矯正することや、インプラントを用いることもありますが、審美歯科独特とも言うべき治療法もあります。それが、クラウン法です。形の悪い歯を根っこを残して削り、その歯に形の綺麗な人工の歯を装着するというのがクラウン法であり、そうすることで、自動的に歯並びが整うことになります。そして、歯の見た目が悪くなる原因に虫歯があるのですが、審美歯科では虫歯治療を行い、その上で歯の見た目の治療を行うということもしています。従って、審美歯科の治療を受ければ、歯の噛み砕く能力も見た目も改善させることが可能なのです。